ZERO Modz Style G-Sensor Variable Wattage APV Box Mod (SX300/35W)

ZERO Modz スタイル VW APV Box Mod (SX300搭載)

By JPModder, 2015/02/26

ZERO Modz Style G-Sensor Variable Wattage APV Box Mod (SX300/35W)

ZERO Modz Style G-Sensor Variable Wattage APV Box Mod (SX300/35W)

ZERO Modz スタイル VW APV Box Mod (SX300搭載)

SX300という電力を可変するレギュレーターを搭載した電子タバコバッテリーBOX MODです。オリジナルにあたるCarlos CreationのZero DNA30はかなりの人気のBOX MODでFacebookで購入のリストを募ったところ相当数の購入希望があったと聞きます。

FastTechにラインナップされているこのZERO Modz スタイルのBOX MODはオリジナルに搭載されているDNA30の代わりにSX300を搭載しているクローンで外観が少し異なっています。DNA30相当のチップを搭載した、よりオリジナルに近いバージョンもラインナップされています。※SXチップ搭載のZERO Modzも本家にあります。紛らわしい書き方をして申し訳ありません。

写真で見ていただくと分かると思いますがDNA30系で付いているようなW(ワッテージ)を上下させるボタンが無く、ファイアリングスイッチのみのように見えます。これはSX300には加速度センサーの機能があるので傾きを検出して出力を上下に調整するからです。といっても常時傾きを検出するわけではなく、ファイアリングスイッチがメニューモードへのスイッチを兼ねていますので、W調整のモードに入ってから本体を傾けてWを調整します。

SX300の液晶はDNA30系と違って正方形に近く、現在のワット数とボルト数、アトマイザーの抵抗値とバッテリー残量およびバッテリーの出力を一度に表示させることができます。

基本性能

  • Yuhi SX300チップ搭載
  • 7W-35W間で0.1W刻みで電力可変可能
  • 出力:4.0Vから8.3V/10A(最大)
  • 0.2Ωから3.5Ωの抵抗値のアトマイザーに対応

ZERO Modz スタイル BOX MODの駆動には18650サイズのバッテリー1本を使用します。本体に充電機能があるのでMicro USBを繋ぐことで500mAh相当で本体内のバッテリーをチャージすることができます。

個人的な感想ですが写真で見る限りは本体とスリーブ(カバー)の合わせの精度が少し低い気がします。しかしその他の作りは及第点以上と言えそうです。重量はアルミ合金が主体のHANA MODZクローンなどと比べればかなりありますが、ステンレス製の堅牢な作りの外観に合った重さと言えると思います。

何よりこの外観を持った電子タバコMODが70ドルを切る価格です。特にオリジナルのZero DNA30は欲しいが手に入れにくく困っている、値段の面で二の足を踏んでいるという方、如何でしょうか?

また、FastTechにはこのZERO Modz スタイル BOX MODの別売のスリーブも販売されています。色を変えてみたり、予備として手元に置いておいたり、パティナ処理(緑青を生じさせて模様をつけること)を施してみたりする用に一緒に購入するのも良いと思います。

Stainless Steel Replacement Sleeve for ZERO Modz VW Mod

Stainless Steel Replacement Sleeve for ZERO Modz VW Mod

上の写真のスリーブはスリット入りでカラーは他にブラックがあります。スリットが無いバージョンでゴールドとブラックのものがありますが、今回紹介しているSX300版のZERO Modz スタイル BOX MODには合わない可能性がありますので購入の際はご注意ください。

 

価格 68.42ドル(BOX MOD) 8.42ドル(別売予備スリーブ)

FastTech (WORLDWIDE FREE SHIPPING)

[参考Youtube動画]
Zero SX 50w (Clone) by Hotcig

Hotcigブランドの50W版のZero Modクローンのレビュー動画です。出力以外はほぼ同等と思われます。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
"電子たばこ" BLOGランキングに参加しています。